img_01

今時のハードディスクと言ったらNAS

NASはネットワークアタッチドストレージの略語で、ネットワークハードディスクという呼ばれ方もします。

ストレージとハードディスクは同意語で記憶装置のことを指しています。



簡単に言ってしまえば、その記憶装置にネットで接続するシステムがNASです。

これまでの記憶装置といえばパソコンに内蔵のものや外付けハードディスクと言われるものでしたが、複数のユーザーが同時にアクセスしたりするのが難しく容量にも限度があるため、使い勝手が今一つと思っていた方も多いことでしょう。


NASならネットワーク上の記憶装置にアクセスする構造なので、LAN経由により複数のパソコンからのアクセスが可能です。

livedoorニュースについての知識を高めてもらうためのサイトです。

ファイル等の情報共有が簡単にできるので、仕事上の書類やプライベートでの文書や写真等のやりとりがスムーズに行えます。



もちろん無線LANにも対応しており、更に最近ではNAS機能を搭載したWi-Fiも販売されているのでその機動性は高まる一方です。

NASは既存のハードディスク同様にデータの保存を行いますが、パソコンのようにCPUやOSを搭載しているのでそれ以上の働きをします。

保存した写真データをアルバム管理したり、音楽データはiTunesで管理するといったような具合です。複数のユーザーのパソコンに情報が散っている状態より一か所に集約して管理した方が安全だということで、セキュリティ面でのメリットも大きいと判断されて企業への導入も増え続けています。